読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハチノスブログ

私による私の為のバカスコ穴だらけのブログ。人生イージーモードだけど雑魚だから攻略困難。厨二病を拗らせました。

わたしの卒業文集

 

 

こんにちは

f:id:hxhlav1112:20170408160631p:image

中学三年生の時、授業で皆が受験勉強してた時に、加湿器でドングリ蒸したら食べれるんじゃね?と思って加湿器にぶち込んでみて食べたらめちゃくちゃ不味かった事を思い出したみつばちです

 

 

 

 

 

私が中学生の時の卒業文集。

語彙力が今と大差なくて笑えます。

 

 

 

f:id:hxhlav1112:20170408160731j:image

 

 

長いし、写真だと読みずらいかも知れませんね。機械音痴だしいつもスマホから投稿してるからPCでのサイズとかも分からないんですみません。読むに足らない文章なんで全然スルーしてもらっても構わないです(笑)

 

 

要約すると、「12月18日の給食の時間」について1ページ丸々書いてあります。

給食当番の子が食缶ひっくり返してその日のスープ無くなっちゃったよぉ〜!っていう内容です。

ツッコミどころは満載です。みんなが協力しててすごいな〜(おい他人事だな)とか私も手伝った気になっちゃった☆とか。(お前、牛乳配って机の向き直しただけだろ。)つって。

多分、文集の締切今日までだよって言われて書いたんだと思います。締切の前日の給食の話なのかな?(笑)

 

 

 

 

私は文集に書くことが無かったんですね。というより、文化祭とか修学旅行の事とか、部活を頑張ったとか、書いてどうなるの?って感じだったんですね。大体みんな書いてあること同じだし。見返しても大体つまんないじゃないですか。当たり障りないことを書くから。修学旅行では清水寺に行きました。文化祭ではリレーをやりました。部活での練習はキツかったけど続けた良かったです。みたいな。なんとなく想像出来ちゃうじゃないですか。内容が。

 

 

 

私はみんながみんなただの日常を書いてくれてあった方がもっと読み返した時に面白いのにな〜と思ってましたね。当時の語彙力の乏しさとか自分の感情とか!私そんな風に思ってたんだ…みたいな。

 

人の日記なんてそうそう見ること無いじゃないですか。でも卒業文集にある日の日常をそれぞれの人が「これが私の日常です。」みたいな感じで1ページずつ書いてあったらめちゃくちゃ読み応えありません?あ、無いですか?私だけか。

 

 

私書いてるうちに文章長くなっちゃうんですよねー。この文集も最後の2、3行に来てやっと自分の言いたい事書き始めようとしてる感あるし。もう笑って誤魔化せ感あるし。(笑)とかつけて誤魔化そうとしてるし。

 

 

 

あ、今卒業文集をパラパラ見ていて、自分の気持ちを全部ぶつけている文章を1ページ丸々書いてる人を見つけました。

 

 

 

〜〜

しかし僕は、残念である。ゆるせないのである。なぜ、これだけがんばれるのに、他でもっと本気を出せないのか、壮行会の時、あんなに真剣に大きな声で応援できたのに、なぜ無言清掃できない。他の歌に真剣になれない、なろうとしない。不思議でしょうがない。唯一これだけは、まだやれていない事が、とてもとても心残りだった。

 

〜〜

僕は、勉強が苦手で、よく〇〇先生に、いろいろ教えてもらいました。そして前にも書いたように、自分は人よりもやる事が遅かったんです。

水泳部で、僕は、本当になにも出来なくて、迷惑をかけていました。しかし、先輩達や、周りの部員の人達がいろいろな事を手伝ってくれた事に、自分をしたってくれた、いろいろな事を教えてくれた、一年生(今の二年生)がいてくれた事に、本当に感謝しています。この人達皆が、先生のようでした。本当に「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。

 

 

少しだけにしようと思ったのに長くなってしまいました。怒ってるんだろうな、と感じ取れる内容の時は「である」調で、感謝を伝えてる文章は「です・ます」調な所とか、凄く、なんか、そのまんまの気持ちで書いたんだろうなぁ、とか勝手に思います。

私は当時の彼のことを知っているから感動するのかも知れません。あの子はこう思ってたのか、と感じているからこの文章を素敵だ、と思うのかも知れません。

でもなんか、素敵じゃないですか?

 

 

 

 

 

卒業文集、たまに見ると面白いなぁ。

 

 

 

 

🐝