ハチノスブログ

私による私の為の穴だらけのブログ。人生イージーモードだけど雑魚だから攻略困難。厨二病を拗らせました。

お湯が少し緑色なだけで美味しい私は幸せ

 

 

こんにちは

 

最初の一文に自分のどうでもいい自己紹介を付け加えているがどこかでこの記事のタイトルと同じことを書いたことがあるような気がするみつばちです

 

 

 

 

回転寿司を食べに行ったら、小さい頃はお水を用意してもらっていた。熱いの嫌だし、ご飯食べる時に暖かい飲み物で喉を潤す行為がちょっとよく分からなかった。

今は熱いお茶が大好き。おばあちゃん家で飲む、「あの食後のお茶」は何故あんなに美味しく感じるのだろうか、と思って家で熱いお茶を飲んだら見事にハマった。

以前、私は一度ハマったらそれを飽きるか嫌いになるまでずっと食べ続ける、と書いた気がするが、熱いお茶もそのひとつだ。

 

朝から晩までお茶を飲んでる。朝起きてお茶を飲み、腰を上げたついでにお茶を飲み、ご飯を食べてお茶を飲み、寝る前にもお茶を飲む。ハマり始めた当初は、1日2ℓ以上飲んでいたと思う。そしたらだんだん、謎の頭痛や吐き気に襲われて、「な、なんだこれは?!」と調べてみたら、「飲み過ぎは良くないよ☆」とGoogle大先生が言っていたので、量を少しずつ減らし始めた。お茶飲む量も加減できないなんて、え?ヤヴァイな。

 

 

話が逸れてる。

 

 

冒頭で書いた通り、いつかの私のどうでもいい一言で「お寿司屋さんのお茶の粉はめちゃくちゃ少なくていい派のみつばちです」と、書いた気がする。

どうでもいいかもしれないけど、私はお茶の粉がめっっっっっっちゃくちゃ少量でいい派だ。もうめっっっっっっっっっちゃくちゃ。そりゃあもうお湯じゃあないかい!と言われるくらい少なくていい派。まぁそれでも「いや、お茶の味するし。むしろそんな入れたら苦いっしょ。」ってなってた。

 

 

 

あまりにも私がお茶を消費するもんだから、お母さんが私専用にお湯に溶かすお茶の粉的なものを買ってきてくれた。私はポットにお湯を沸かしてその粉を溶かして飲む。私がめっっっちゃくちゃ粉が少なくていい派だから、毎日どれだけ飲んでもまだ2袋目が終わりそうなところ。

 

 

 

ある時ね、夜。なんか何もやる気が起きなくて、お茶の粉も入れるのが億劫で、入れ忘れたんだっけか?分からんが、お湯を飲んでたの。ハッとした。

 

 

 

 

 

 

アレ…お湯でもめちゃ満足してるジャン

 

 

 

 

 

 

 

お茶だと思って飲んでたアレ。やっぱお湯だったわ。スプーンの先にちょこっとお茶の粉引っ掛けて溶かして飲んで、そこにお湯を継ぎ足していくだけの飲み物なんかただのお湯でしたわ。

 

でもねえ、お湯だって気づいたらなんか凄い幸せな気持ちになったんだよねえ。

 

 

 

 

 

 

 あーーー、こんなちょっと緑色になったお湯飲んでるだけで、幸せ〜って言ってる自分ほんと幸せだな!!!って(笑)

 

 

 

 

 

 

 

私は小さな幸せを見つけるのは得意だと思ってる。ちょっとしたことで幸せになれる自分が好きだし、逆にちょっとしたことで気分が落ち込む自分に腹が立つ。

 

 

 

最近(って言ってもここ2、3日か。)は、なんだかブログに「は〜〜〜〜マジ無理〜〜〜書いてモヤモヤ解消すっか〜〜」と思って書いてみても中々書きたいことがまとまらなかったり、公開するのを躊躇う自分がいる。

逆に幸せな事を考えて書いてることが多い。

これって絶対すっげーいい事だよね!

 

 

 

「幸せな気分の時の記事も書けたらいいな」っていつかの下書きに保存されてたから、些細なことでも書いていこうな。みつばち。

 

 

 

 

 

さて、お湯を汲みに行くか。

 

🐝