読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハチノスブログ

私による私の為の穴だらけのブログ。人生イージーモードだけど雑魚だから攻略困難。厨二病を拗らせました。

ちょっとの幸せも超怖いから ちょぉ っょく なリたぃ!

先に言っておく。ビックリするほどとんでもねえ雑記になってしまった。ビックリしてる。

 

 

 

 

私は今、とてもいい気分だ。幸せじゃ〜って感じだ。

 

 

 

幸せなことが起きた時、素直に喜べたら最高だよね。ああ〜幸せじゃ〜って思ってるのにさ。半分の私は全然素直じゃない。超怖い。反動超怖い。幸せの反動超怖くない?

 

幸せなことが起きたら、次に同じ幸せな事が起きた時にもっともっとって求めちゃいそうな自分も怖いし、もっとを求めたら今までだったら幸せに感じてた事が幸せに感じなくなる瞬間が来るんじゃないかって怖い。(なんかデジャブだな…と思ったら実際に同じようなこと書いてた大体の事は「案外どうにかなる」のかもしれない - ハチノスブログ)

 

 

お茶が薄すぎてただの白湯でも美味しいと思える事が幸せなことは今も昔もこれからも変わる気がしないのに、その「変わらない幸せ」と感じるものと「“もっと”を求めてしまう幸せ」と感じるものの違いってなんなんだろう。

 

 (ちなみにお茶が薄すぎる記事はこちら)

hxhlav1112.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

今から考えるから、メモメモ。

 

φ(._.).。oO(お茶が白湯でも美味しいと思える事が幸せというのは、「白湯が美味しい事が幸せ」なんじゃなくて、「美味しいと思えてる私が居ることが幸せ」なんだ。

つまり、「そんな小さなこと」で幸せと思えてる私が居ることが幸せなんだ。

 

 

 

 

 

じゃあ「“もっと”を求めてしまう幸せ」とは何か…。

今私が、幸せじゃ〜となっているのは、嬉しいと感じることが2つも同時に起きたからだ。起きた、という表現はおかしい。1つは、ビックリ嬉しい玉手箱!という感じだから「起きた」という表現は妥当かもしれない。もう1つの出来事は、私が行動を起こしたから起こった出来事だからなんだか「起きた」って言うのは違うようななんと言うか。その辺は、まぁどっちでもいいか。

 

とにかく、2つの嬉しいことが起きて、その上 酷く落ち込む様な出来事が起きていないのかもしれない。いつも気分を左右しがちな手のひらサイズの小さな機械は、なるべく長時間いじらないように心掛けていた。極端人間なので、触りたくもない日はほとんど触らないけど、常にいじってる日もある。どうしようもなく気になってしまう日とかあるよね?無い?ごめん。ずっと携帯で色々やってると、色んな情報が頭に入ってきてパンクしちゃうって感じだから、ここ最近意識して気を付けてる。(偉い!)(自己肯定感を高めるために、自分を褒めてみました。)(おおっ?今日は調子が良いようですな?みつばち殿)

 

 

 

ふと思ったんだけど、今回の私が“もっと”を求めちゃう幸せって、誰かに対しての見返りの様なもの、なのかもしれない。見返りって、私が何かしてあげたからそのお返し、的な意味だよね?じゃあ、見返りって言葉は適切じゃない。なんて言うの?誰か〜!いつか私が何処かで落としてきたっぽい語彙力見つけてきてくれ…。

 

あ、なんかわかってきた気がするぞ。「“私” 対 “誰か(人)”」の間に感じた「幸せ」に対して“もっと”を求めてしまうのかもしれない。いや、言ってること差ほど変わってなくね。

 

 

例えば、私に大好きな誰かが居たとする。その人が「会いたい」と言ってくれた。すると私は、ハッピーハッピー幸せ全開世界はバラ色!となる。しかしその反面、会ったときにキョドって話せなかったらどうしよう てかまず会いたいって言ったって時間合うのか?また連絡するとか言ってもう今後一切連絡とること無くなるんじゃねえの?幸せハッピーな今この瞬間で時間よ…止まってくれ…!となるだろう。

違うじゃん。“もっと”を求めてないじゃん。

♪あーなたに逢えたそれだけで良かった 世界に光が満ちた 夢で逢えるだけで良かったのに 愛されたいと願ってしまった世界が表情をかーえたっ 世の果てでは空と海が交じるゥ〜

もっと好きになって!もっと会いたくなって!もっと!もっともっと…となってしまうだろう。という事だ。

 

例えが乙女チック過ぎて、自分で内容が全然入ってこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまりアレだよ。

 

 

魔法少女になりたい。(眠い)

 

 

(2017/05/13 02:32:37)

🐝

(ちなみにこの後、超よく眠れた)