ハチノスブログ

私による私の為の穴だらけのブログ。人生イージーモードだけど雑魚だから攻略困難。厨二病を拗らせました。

口から出た言葉

時々、頭の中では「こうしよう。」と思っていたのに、言動が伴わない時がある。

 

 

頭の中では「こうしよう。」「こう伝えよう。」「これは言わないようにしよう。」「やらないようにしよう。」「感情に流されるな。」と思っていても、次に気づいた時には、「あれ?なんで?」。

 

 

 

私のおばあちゃんは、若い。

私のおばあちゃんは、綺麗。

私のおばあちゃんは、ド天然。

年のせいとかでは無い。根っからのド天然だ。何も悪気はないのに、人の気持ちが分からなかったり、空気が読めなかったり、大体の人は難なく出来ることが出来なかったり。そして体が弱いからすぐ病院通いになる。根っこの部分はとても優しくて素敵な人なのに、みんなそれが分かっていてもイラッとしてしまうことが多い。

 

 

私もおばあちゃんが大好きだし、小さい時からおばあちゃんに面倒を見てもらっていたので、おばあちゃんの優しさや愛も沢山感じる。同時に、イラッとすることも多い。

 

 

今朝、母との面会の為病院へ向かう途中。今日は祖母も連れていた。久々に会ったと言っても5日ぶり位だが、祖母は話したいことが山ほどあったようだった。

 

 

祖母は、「普通は」という言葉をよく使う。祖母は、と言うよりは、うちの家族は、かもしれない。母親も「普通さぁ、」とよく言っている気がするし、弟に関しては、小さい頃から彼の中で「普通であること」がとても大切なことであるように感じる。よく、「普通はどれ?」とか「普通そうじゃない」とかそんな事を言われた気がする。

 

 

うちの家族は、体も心も弱いように感じる。ストレスが体に出る。頭が痛くなる。お腹が痛くなる。便秘になる。熱が出る。ハゲができる。泣く。怒る。吐く。

 

うちの家族は、自分の気持ちを他人に話すことが無いように感じる。高校生の弟が、今どうなのかは分からないが、母と祖母に関しては本当にそう感じる。彼女達のようになりたくない、と感じていた私も、「〇〇は本当、秘密主義だよね。てか自分のこと話さないよね。」と言われた時に、全部分からなくなってしまった。

 

 

だから、「友達」が沢山いる祖母も、自分の感情をベラベラ喋ることが出来るのは、孫である私や、自分の娘である私の母の前だけなのでは無いか、と思う。そしたら私に出来ることは、頷いて聞いてあげることだと思う。

だが、今日私は、祖母に言い返してしまった。いつも、「普通は、普通は…」と言う祖母だが、今日もその「普通」という言葉を連呼していた。「近所の〇〇さんが、こうやって言ってきた。普通はそんな事言わないでこうやって言うべきなのに。あの人は普通じゃない。」というような事を言っていた。よく私も言われた。普通じゃない。普通はそうじゃないよ。私に向けられた祖母のその言葉が、私はいつも、とても悲しかった。

 

 

 

「おばあちゃんが言う普通って、おばあちゃんの中での普通でしょ?おばあちゃんの普通が、みんなの普通だと思わない方がいいよ。てか、普通って何?」

 

 

 

ハッとした。間違えたと思った。なんで私は言ってしまったのか。あー、最悪だ。気分は最悪。本当に言ったあとに我に返った。本当に、ハッとした。ああ。口を縫っておくべきだった。あたしはこんなこと言える人間じゃない。やになる。

 

 

私は、私がこうやって思っていること、が嫌なんじゃなくて、私自身も自分の考えを他人に押し付けようとしている感じがすること、が嫌だ。こうやって思っていることは事実なんだけど、おばあちゃんはこんな答えを求めていたんじゃなくて、むしろそんな事分かりきっていたかもしれなくて、ただ話を聞いて欲しかっただけなのに、こんな事を言ってしまったことが嫌になる。分かっていたのに口から言葉が出てしまった。気づいた時には遅かった。

 

 

そうやって考えていたら、ふと思った。もしかして、私もおばあちゃんにしか自分の気持ちを口にすることが出来ないんじゃないか、って。

 

(2017/06/20 23:37:59)